攻略!日商簿記検定

日商簿記1級~3級の試験内容を合格目指して徹底的に解説していくブログです

部門別原価計算

【簿記1級】部門別製造間接費の予定配賦

www.tk-stock.com 補助部門からの製造原価の配賦も終わり製造部門で集計された製造部門費は、その後各製造指図書に配賦されます。 この製造部門費の製造指図書への配賦も予定配賦が原則です。そしてここで発生する差異は「製造部門費配賦差異」とされます。 …

【簿記1級】単一基準配賦法と複数基準配賦法 その3

www.tk-stock.com ・複数基準配賦法による予定配賦額の計算 単一基準配賦法による予定配賦では、補助部門の予算差異が製造部門に配賦されることはありません。しかし補助部門によって管理不能な操業度差異までも補助部門勘定に残ってしまいます。 補助部門の…

【簿記1級】単一基準配賦法と複数基準配賦法 その2

www.tk-stock.com これまで補助部門費を実際発生額で計算してきましたが、実際発生額で計算してしまうと予算差異が発生し、配賦先製造部門で正確な業績測定ができないなどといった問題が発生します。なので基本的に補助部門費も予定配賦額で計算します。 単…

【簿記1級】単一基準配賦法と複数基準配賦法 その1

www.tk-stock.com これまで補助部門費を他部門にいかに配賦していくかを見ていきましたが、この他にも補助部門費が固定費と変動費に分類されて計上しているケースがあります。この場合には「単一基準配賦法」と「複数基準配賦法」という方法で補助部門費を他…

【簿記1級】部門別原価計算 その4

www.tk-stock.com ・階梯式配賦法 配賦階梯法とは、前回の純粋な相互配賦法とはまたちがって、補助部門間のサービスのやり取りを一部考慮して計算する方法です。 この方法は階梯という名前からも分かるように、補助部門を順位付けして順位の高い補助部門から…

【簿記1級】部門別原価計算 その3

・純粋な相互配賦法 連立方程式を使用した相互配賦法は純粋な相互配賦法ともいわれ、補助部門間のサービスのやり取りもすべて考慮して配賦計算を行います。 この方法には、各補助部門費がゼロになるまで配賦計算を繰り返す連続配賦法とその過程を連立方程式…

【工業簿記】部門別原価計算 その2

www.tk-stock.com 前回行った第1次集計によって発生した製造間接費を各部門へと振り分けましたが、そのうち補助部門に集計された部門費はその補助部門がサービスを提供した各部門に対して改めて配賦しなければなりません。これを第2次集計と言います。 ・補…

【工業簿記】部門別原価計算 その1

www.tk-stock.com 次は部門別原価計算の流れを理解していくために簡単な例題を見ていきます。 例題:次の資料から部門費を各製造部門と補助部門へ集計する仕訳を行い部門費配賦表を作成しなさい。 <資料> 1.部門個別費 切削部門:21600円 動力部門:8000…

【工業簿記】部門別原価計算とは?

・部門別原価計算とは? 規模の大きい工場だと様々な作業により製品が製造されることになります。そのためそれに応じて発生する製造間接費の内容も異なってきます。そのため製造原価を材料費・労務費・経費といった費目だけではなく、製造部門ごとにも分類す…