攻略!日商簿記検定

日商簿記1級~3級の試験内容を合格目指して徹底的に解説していくブログです

【簿記1級】間接経費の計算

 

 

・間接経費の計算

 

 

www.tk-stock.com

 

 

この記事にもあるように間接経費の項目は非常に多く、ものによって計算方法が違います。

 

 

・間接経費の計算方法

 

間接経費の計算方法は大きく4つあります。

 

 

(1)支払経費

支払経費とは、実際支払額をその原価計算期間における消費額とする計算方法で、修繕費や保管料の計算で使われます。

通常は実際の支払額で計算しますが、経費の前払額や未払額があるときは、それらを加減して労務費のように差額で当月消費額を算出します。

 

(2)月割経費

月割経費とは、一定期間の費用発生額を月割して月割額をその原価計算期間の消費額とする計算方法で、工場機械の減価償却費・賃借料・保険料などがあります。

 

(3)測定経費

その原価計算期間における消費量を、工場内のメーターで測定した消費量に基づいて原価計算期間の消費額を計算する方法で、工場内で使用する電気・ガス・水道代などがあります。

 

(4)発生経費

これは実際発生額を、その原価計算期間における消費額とする計算方法で棚卸減耗費などがあります。

 

 

例題:次の当工場における1ヶ月の資料から間接経費の消費額を求めよ。

 

1.支払い経費に関する資料

事務用消耗品 当月購入額100000円

交通宿泊費    前月未払額60000円  当月支払額40000円

       当月未払額110000円

 保管料    前月未払額50000円 当月支払額520000円

       当月未払額170000円

 

2.測定経費に関する資料

(1)電力代 当月支払額200000円 当月測定額140000円

(2)ガス代は毎月20日のメーター測定に基づいて支払っている。

当月支払額186000円

当月消費量11400m³ 基本料金 50000円/月 従量料金180円/m³

 

3.月割経費に関する資料

減価償却費:年間360000円

修繕引当金繰入額:年間見積額 240000円 

当月修繕料支払額:25000円

保険料     :6ヶ月 720000円

 

4.発生経費に関する資料

材料の帳簿棚卸高は3000000円、実地棚卸高は2980000円であった。なお棚卸減耗はすべて正常なものである。

 

 

 

<解答>

 

(1)支払経費

実際の支払額または請求書の支払要求額をその原価計算期間における消費額とする経費を支払経費とするので、まず事務用消耗品費は当月購入額100000円を当月消費額とします。

 

交通宿泊費と保管料は未払いがあるのでそれらを加減します。

(当月支払-前月未払い+当月未払)

 

旅費交通費:40000-60000+110000=130000円

保管料  :520000-50000+170000=640000円

 

 

(2)測定経費

工場では、その原価計算期間における消費量を内部のメーターで測定し、その数値に基づいて消費額を計算するので、当月測定額を当月消費額とします。

 

電気代:140000円(メータ測定額)

ガス代:180×11400+50000=2102000円

 

 

(3)月割経費

これは単純に年間発生額を12で割るだけです。

 

減価償却費:360000÷12=30000円

修繕引当金繰入額:24000÷12=20000円

 

修繕引当金繰入額は実際発生額が書いてありますが、年間発生額を見積もり引当金計上している場合、月割経費を当月消費額とします。

 

保険料:720000÷12=60000円

 

 

(4)発生経費

3000000-2980000=20000円

 

 

よって今月の間接経費の消費額は

130000+640000+140000+2102000+30000+20000+60000+20000=3142000円となります。