攻略!日商簿記検定

日商簿記1級~3級の試験内容を合格目指して徹底的に解説していくブログです

【簿記2級】個別原価計算表の処理

 

例題:A社では実際個別原価計算により製品の製造原価を計算している。下の原価計算史料を基に指図書別個別原価計算表と仕掛品と製品のT字勘定を完成させなさい。

 

1.製造指図書別の直接材料消費量及び作業時間は下の通りであった。

 

  NO1 NO2 NO3 合計
直接材料消費量(kg) 50 500 600 1150
直接作業時間(時間) 50 200 100 350

 

 

2.直接材料の当月消費量単価は100円/kg、労務費の当月実績消費賃金率は500円/時間

 

3.製造間接費の実際発生学は1050000円で、直接作業時間を基準に各製品に配布している。

 

4. NO1は前月に製造開始したもので前月中の製造指図書に集計された直接材料費は100000円、労務費は50000円、製造間接費は120000円であった。他の製品指図書はすべて当月に着手したものである。月初において完成品はなかった

 

5.NO1は当月中に完成し、得意先に引き渡した。NO2は当月完成済みであるが引渡は行なっていない。NO3は当月未完成である。

 

 

 

 

原価計算表の集計

 

個別原価計算では特定の製品を製造するために発生した、材料費・労務費・経費と製造間接費を、各製造指図書番号の下にそれぞれ集計していきます。

 

ここで注意したいのは月初仕掛品と各製品の状態です。問題文に「前月に消費した~」と書いてある指図書には、月初仕掛品の費用を追加しなければいけません。

 

この月初仕掛品原価の金額は前月に消費した材料費・労務費・経費の合計額となります。(この問題だとNO1のところの月初仕掛品に、100000+50000+120000=270000と記載します。)

 

次に注意するのが各製品の状態です。製品が完成し得意先に引渡が完了していると、完成・引渡済になり、この場合はその合計を製品原価に計上し売上原価とします。

 

そして、完成はしたけどまだ引き渡していない場合は完成・未引渡となり、合計を製品原価に計上して、次月繰越とします。

 

また未完成のときは仕掛中となり、次月繰越の仕掛品とします。

 

 

<解答>

 

  NO1 NO2 NO3 合計
月初仕掛品原価 270000      270000
直接材料費 5000 50000 60000  115000
直接労務費 25000 100000 50000  175000
製造間接費 150000 600000 300000 1050000
合計 450000 750000 410000 1610000
備考 完成・引渡済 完成・未引渡 仕掛中  

 

 

 

           仕掛品

———————————————————————

(前月繰越) 270000      | (製品)    1200000

(直接材料費)115000      | (次月繰越)410000

(直接労務費)175000   |

(製造間接費)1050000 |

 

 

         製品

——————————————————————

(仕掛品)1200000 | (売上原価)450000

            (次月繰越)750000