攻略!日商簿記検定

日商簿記1級~3級の試験内容を合格目指して徹底的に解説していくブログです

【工業簿記】部門別原価計算とは?

 

・部門別原価計算とは?

 

規模の大きい工場だと様々な作業により製品が製造されることになります。そのためそれに応じて発生する製造間接費の内容も異なってきます。そのため製造原価を材料費・労務費・経費といった費目だけではなく、製造部門ごとにも分類する必要が出てきます。これが部門別原価計算です。

 

 

・部門別原価計算の目的

 

部門別原価計算を行うことにより、より正確な原価計算ができるようになるとともに、発生額の無駄など各部門責任者の責任も明確にすることができます。

 

 

・原価部門の分類

 

部門別原価計算では、各部門から集計した製造間接費を改めて製造部門補助部門という2つの部門に集計し直します。

 

製造部門

木材を切断したりする切削部門や部品を組み立てる組立部門など製品の加工に直接従事する部門。

 

補助部門

機械などの修繕を行う修繕部門や機械を動かすための動力を提供する動力部門など製品の加工に直接関係しないものの他の部門にサービスを提供する部門。

 

 

・製造間接費の部門別計算の手順と仕訳

 

  ①:部門個別費と部門共通費の集計

        

  ②:補助部門費と各製造部門への配賦

 

  ③:製造部門費の各指図書への配賦

 

 

 

 

①:部門個別費と部門共通費の集計

 

<仕訳>

(切削部門)   〇〇 / (製造間接費) 〇〇

(組立部門)   〇〇 /

(動力部門)   〇〇 /

(修繕部門)   〇〇 /

(工場事務部門) 〇〇 /

 

 

 

②:補助部門費の各製造部門への配賦

 

<仕訳>

(切削部門) 〇〇 / (動力部門)   〇〇

(組立部門) 〇〇 / (修繕部門)   〇〇

          / (工場事務部門) 〇〇

 

 

③:製造部門費の各指図書への配賦

 

<仕訳>

(仕掛品) 〇〇 / (切削部門) 〇〇

         / (組立部門) 〇〇

 

 

次は実際に問題を解いていきます。

 

 

www.tk-stock.com