攻略!日商簿記検定

日商簿記1級~3級の試験内容を合格目指して徹底的に解説していくブログです

【工業簿記】部門別原価計算 その1

 

www.tk-stock.com

 

 

次は部門別原価計算の流れを理解していくために簡単な例題を見ていきます。

 

例題:次の資料から部門費を各製造部門と補助部門へ集計する仕訳を行い部門費配賦表を作成しなさい。

 

<資料>

1.部門個別費

 

切削部門:21600円 動力部門:8000円

組立部門:39000円 修繕部門:9600円

 

2.部門共通費

 

建物減価償却費:10000円 機械保険料:38000円

 

3.部門共通費の配賦基準

 

  合計 切削部門 組立部門 動力部門 修繕部門
占有面積 1000㎡ 310㎡ 220㎡ 150㎡ 320㎡
帳簿機械価格 3800万円 640万円 1300万円 980万円 880万円

 

 

 

・部門個別費と部門共通費の集計

 

部門別原価計算においてはまず発生した製造間接費を、どの部門でいくら発生したか分かる費目(部門個別費)と全体でしか分からない費目(部門共通費)に分けます。

 

 

・部門個別費の各部門への配賦

部門個別費は問題文にある数値を直接部門費配賦表に転記します。

 

・部門共通費の配賦

部門共通費はどの部門でいくら発生したかが分からないので設定した基準をもとに発生額を各部門へと配賦していきます。この例題だと減価償却費は占有面積の割合機械保険料は帳簿機械額の割合で配布していきます。

 

 

・減価償却費

切削:10000円 ÷ 1000㎡ × 310㎡ = 3100円

組立:10000円 ÷ 1000㎡ × 220㎡ = 2200円

動力:10000円 ÷ 1000㎡ × 150㎡ = 1500円

修繕:10000円 ÷ 1000㎡ × 320㎡ = 3200円

 

・機械保険料

切削:38000円 ÷ 3800㎡ × 640㎡ = 6400円

組立:38000円 ÷ 3800㎡ × 1300㎡ =13000円

動力:38000円 ÷ 3800㎡ × 980㎡ = 9800円

修繕:38000円 ÷ 3800㎡ × 880㎡ = 8800円

 

 

各数値が計算できたので部門費配賦表を作っていきます。

 

部門費配賦表
  配賦基準 合計 切削部門 組立部門 動力部門 修繕部門
部門個別費    78200  21600  8000  39000  9600
部門共通費            
建物減価償却費     占有面積    10000  3100  2200  1500  3200
機械保険料   機械帳簿価格   38000  6400  13000  9800  8800
部門費    126200  31100  23200  50300  21600

 

 

そして。仕訳は製造間接費を各部門費に振り分ける形となります。 

 

<仕訳>

(切削部門)  31100 / (製造間接費)126200

(組立部門)  23200 /

(動力部門)  50300 /

(修繕部門)  21600 /

 

 

 

これらの処理を第一次集計といい、これによって集計された製造間接費を部門費と言います。