攻略!日商簿記検定

日商簿記1級~3級の試験内容を合格目指して徹底的に解説していくブログです

【簿記1級】個別原価計算における仕損費の計上方法 その1

 

 

仕損とは?

 

仕損とは、製品を製造する過程でなんらかの原因により製造に失敗し一定の品質や規格を満たさない、いわゆる不良品が発生することをいい、その不良品を仕損品と言います。またこの仕損の発生によって生じた費用を仕損費と言います。

 

 

個別原価計算での仕損費の計算

 

個別原価計算において仕損してしまった製品は、「①状態によっては補修したりして良品に回復するパターン」と「②どうしようもないのでポイーして始めから作り直すパターン」の2つがあります。そしてどちらの場合でも追加費用が掛かるので、それを原価に上乗せしなくてはいけません。

 

 

①補修で良品になるとき

 

例題:次の資料から仕損費を計算しなさい。

<資料>

1:製造指図書No1の製造中に切削部門で仕損が生じたので、補修指図書No1-1を発行して補修を行った。

 

2:各製造指図書に集計された原価は↓の通りである

  No1 No1-1 合計
前月繰越 5000円      
直接材料費  10000円 2000円      
直接労務費 2000円 900円
 
   
製造間接費
 
   
 製造部門 2000円 900円
 
   
 組立部門 2500円 1400円
 
   
合計 21500円 5200円
 
   


 

 

 

<解答>

 

問題文に簡単な手直しで修理できる書いてある場合は①補修で良品となるパターンです。この場合、その補修のために発生した原価(補修にかかる材料費・労務費・経費)を仕損費とします。 

 

なので、①補修で良品となるパターンでの計上する仕損費の金額は、「補修指図書にかいてある原価の合計」となります。

 

よって例題だと、No1-1の合計額である 5200円 が仕損費となります。

 

 

 

 

②どうしようもないのでポイーして始めから作り直すパターン

 

例題:次の資料から仕損費を計算しなさい。

<資料>

1:製造指図書No2の製造中の製品がすべて仕損となったため、新たに代品製造指図書No2-1を発行して代品の製造を行った。なお仕損品は1500円で処分できることになっている。

 

2:製造指図書No3の製造中に一部が仕損となり、補修もできないため新たに代品製造指図書No3-1を発行して代品の製造を行った。なお仕損品は2500円で処分できることになっている。

 

3:各製造指図書に集計された原価は↓の通りである。

 

  No2 No2-1 No3 No3—1 合計
前月繰越  ー  ー  ー    
直接材料費  ー 2000円 1800円  5000円  4500円  
直接労務費  ー 900円 800円  3000円  3500円  
製造間接費  ー
 
     
 製造部門  ー 900円 800円  1700円  1800円  
 組立部門  ー 1400円 1200円  2200円  2000円  
合計  ー  5200円 4600円  11900円  11800円  

 

 

 

<解答>

 

仕損が発生し、その程度が大きく補修が不可能で新しく代品を製造しなくてはならない時は、仕損したものを手直しするのではなく一から新しい製品を作るので、新しい製品と仕損した不良品が残ることになります。

 

この不良品は場合によっては売却可能だったり、再利用することができたりします。そして、この売却処分額や再利用によって節約できる製造費用を仕損品評価額といい、問題分にこれがあるときは仕損品の計算から控除しておきます。また仕損にも②-1 全部仕損と②-2 一部仕損 の2パターンが存在し、それぞれ計算処理が少し違います。

 

 

 

①元の製造指図書の製品が全部仕損となったとき(全部仕損)

 

製造中の製品が全部仕損になったときは、もとの製造指図書に集計された製造原価を仕損品原価とし仕損品評価額があるときは、その評価額分を差し引いた金額が仕損費となります。

 

仕損費 = 元の製造指図書の合計原価 ー 仕損品評価額

 

 

 

②元の製品指図書の一部が仕損となった場合(一部仕損)

 

製造中の製品の一部が仕損となった場合は代品製造指図書に集計された原価から仕損品評価額を差し引いた原価を集計していきます。

 

仕損費 = 代品製造指図書の原価の合計 - 仕損品評価額

 

 

 

まず

 

1:製造指図書No2の製造中の製品がすべて仕損となったため、新たに代品製造指図書No2-1を発行して代品の製造を行った。なお仕損品は1500円で処分できることになっている。

 

 これは文面から全部仕損だと分かります。なので仕損費は

5200円(No1の原価合計)-1500円(仕損品評価額)=3700円 だと分かります。

 

 

 

次に2を見ていきます

2:製造指図書No3の製造中に一部が仕損となり、補修もできないため新たに代品製造指図書No3-1を発行して代品の製造を行った。なお仕損品は2500円で処分できることになっている。

 

これは文面から一部仕損と分かります。なので仕損費は

11800円(代品製造指図書の原価合計) ー 2500円(仕損品評価額) = 9300円

となります。

 

 

 

 

仕損費の計上

 

1・2から計上された仕損費と仕損品評価額は、仕掛品勘定から一旦控除され仕損品と仕損費という勘定科目に振り替えます。

 

仕損品勘定の額は仕損品評価額の合計(1500円+2500円=4000円)、仕損費勘定がこれまで計算した仕損費の合計(5200円+3700円+9300円=18200円)です

 

 

仕訳

(仕損品)4000  /(仕掛品)22200

(仕損費)18200   /